【福岡 週末農業】黒マルチ張りの方法(初心者が張ってみた)

こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。

 

とっとーとう
今回は黒マルチシート張りの方法や様子をメインにご紹介します

 

今回も3蜜を避けて、Stay Safeで作業をしていきます。

 

先日畝立てをしました。

畝立ての様子は以下の記事からどうぞ。

関連記事

こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。   とっとーとう ついに週末農業【貸し農園編】の作業が始まります・・・(ドキドキ   5月に入ったので畝立て(畝作り)をしなければ[…]

 

畝立て後、しばらく放置しておくと雑草が生えてきてしまうため、なるべく早めに黒マルチを張ります。

 

黒マルチは昨年の体験農園で経験をしています。

関連記事

こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。 第10回目の週末農業です。 (過去悪天候で中止となった分を取り戻すべく、今回はイレギュラーで2週連続の週末農業です。)   いやー、気付けば10回目。[…]

 

とはいえ、全て個人で作業するのは初めて。

昨年の経験を踏まえた上で、再度事前に黒マルチ張りの方法を勉強した上で、作業します。

 

それでは早速みていきましょう。

 

福岡 貸し農園の様子

福岡 貸し農園の様子

さぁ本日も貸し農園にやってきました。

 

とっとーとう
朝9時半前くらいに到着したのですが、すでに作業されている方がちらほら。

 

福岡 貸し農園の様子

 

この日の福岡の最高気温は約24度。

涼しくて気持ちよく、絶好の作業日和です。

 

福岡 貸し農園での黒マルチシート張り

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

さて、黒マルチシート張りの作業に取りかかります。

が、まずはその前に畝の上面がでこぼこしているので、上面をならす作業から行います。

上面をならさないと雨が降った時に水が溜まってしまうので、ならすようにしましょう。

 

畝の上面をならす

作業前の畝の様子が以下の通りです。

写真では分かりづらいかもしれませんが、畝の上面がでこぼこしています。

福岡 貸し農園の畝

 

ならす用の農具として、通常はレーキを使用します。

今回は、写真の三角草刈りを使って畝の上面をならしていきます。

三角草刈り

 

 

このように上面をならしていきます。1畝15分程度でした。

 

 

作業後は、こんな感じ。

福岡 貸し農園の畝

 

 

黒マルチシート張りの方法

ここから、黒マルチシートを張っていきます。

 

写真を見ながらご説明していきますね。

 

シートを張る前の畝です。

福岡 貸し農園の畝

 

 

畝の端から少しシートを出します。この後土を被せてシートを固定するためです。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

この時、写真のようにシートが下から出るようにロールを置くと、シートを出す時に楽です。

 

 

 

足で畝側面にかかったシートを踏み、上から土を被せて行きます。

写真のようにシートを踏むことで、シートをピンと張ることができます。

 

 

土は、掘った土を埋め戻していく感じで。

他から土を持ってくると地面が凹凸になり雨が降ると水が溜まってしまうので、極力埋め戻すイメージで作業をしていきます。

 

土を被せた後は、踏み固めます。

土の重さで黒マルチシートを固定していきますが、この作業が甘いと強風でシートが飛んでいくので、しっかりと固定しましょう。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

固定が終わったら、反対の畝の端までシートを被せて行きます。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

反対の端までシートを持ってきたら、スコップでざくざくと黒マルチを切ります。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

切った後は、シートを足で踏んでマルチがピンと張った上で、土を被せていきます。

最初と同じように踏み固めると畝の端と橋がピンとなるようにシートが張れます。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

次は畝側面のシートを固定していきます。

写真のように、足で畝側面にかかったシートを踏んでピンと張ります。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

足の上から土を被せ、その後踏み固めます。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

写真は失敗例です。

最初、畝右側のみ半分ほど進めてしまったため、シートが右側に寄るように張られているのがシートのシワから分かります。

畝の右側・左側、同じ進捗具合だと、綺麗に張れます。
(理想は、2人で両側を同じスピードで作業していくことですね・・)

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

写真右端は、黒マルチシート張り2畝目。

作業に慣れたのか、最初よりもシワがなく綺麗に張れています。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

全部張り終わりました。

最初は慣れていないので、1畝1時間程度かかっていましたが、慣れると45分程度で終わるようになりました。

 

とっとーとう
作業は大変でしたが、張り終わると達成感があります

 

真ん中の畝は、側面の土を削ったりしていたので、上の写真からも分かるように畝の幅に少しばらつきがあります。

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

 

 

とはいえ、自分たちで汗水流して張った黒マルチシート。

愛着が湧いて、色々と写真撮っちゃいますよね♪

福岡 貸し農園での黒マルチ

 

とっとーとう
畝の存在感がすごい・・・

 

他の農園利用者の方からは、このような畝立ては珍しく声をかけられます。

ほとんどの方は、自家消費用にいろんな種類の野菜を育てられる方が多いです。

 

私の場合は、収益化に向けた「1作物生産の経験値積み」の側面が大きいです。

他の方とは農園利用の趣旨がちょっと異なります。

 

とっとーとう
引き続き、収益化に向けて取り組んでいきます

 

黒マルチシート張りの方法:まとめ

福岡 貸し農園での黒マルチ張り

黒マルチシート張りの方法について、ポイントを再度まとめます。

 

  • 足で畝側面にかかったシートを踏んでピンと張った上で土を被せる
  • 土は埋め戻すイメージで、地面に凹凸ができないようにする(水が溜まらないようにする)
  • 畝の左右側面は、同じ進み具合で作業する(シートがきれいに張れる)

 

初めて黒マルチシートを張る時には、意識して作業してみてください。

 

次回は、いよいよ苗植えに入ります。

 

それでは本日はここまで。

以上、とっとーとう(@totto_tou)でした。

 

 

 

週末農業の情報をもっと知りたい方は

↓↓コチラからどうぞ↓↓

週末農業の情報をみる

 

↓↓↓貸し農園の情報はコチラ↓↓↓

●関東・関西圏
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
– 株式会社アグリメディアが提供する民間の貸し農園

●福岡県内
福岡市 市民農園
– 福岡市が提供する市民農園の情報
市民農園の空き区画情報
– 福岡県が提供する市民農園の空き区画情報
JAファーム福岡 体験農園
– JAファーム福岡が募集している体験農園。本ブログでご紹介している内容です。
JAファーム福岡 貸し農園
– JAファーム福岡が提供している貸し農園