〜福岡 週末農業(第11回目作業)〜ほっこり♫しつつの間引き作業や畝の雑草とり

こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。

さて、週末農業第11回目作業です。

 

10/5の作業当日の天気は晴れ。福岡の最高気温は28.8度と涼しいかと思いきや

日差しが強く、今回はちょっとハードな作業となりました。(真夏ほどではありませんが)

それでは早速見て行きましょう。

農園の様子

良い天気!!日陰の中だと割と涼しいです。

相変わらず、サツマイモのツルの勢いが凄い。

 

葉物野菜たち。奥の方の白カブがやたら緑で目立ちますね。

 

ちなみに第10回作業時の畝。(各野菜の名前付き)

比較すると緑が増えていて、苗が育ってきているのが分かりますね。

春菊、ほうれん草はようやく芽が出て来た感じ。

 

農園を観察していると、バッタの親子?を見つけました。

なんか、ほっこりとしますね〜。

本日の作業

それでは本日の作業に入っていきます。

本日の作業は下記の通りです。

  1. 白カブの間引き
  2. 畝の雑草とり(雑草が大きくなる前に事前に芽をとっておきます)
  3. 欠株箇所への苗植え
  4. 追肥

 

白カブの間引き

早速白カブの畝を見てみましょう。

もーっさりと白カブの葉が育っていますね。(写真右側は途中までJAファーム福岡の職員さんが間引きしてくれています)

これは前々回作業時にクリーンシーダという人力用ロール式播種機で、3往復くらい種を一気に播いたためです。
(本当は手作業で播くのですが、時間の都合上クリーンシーダにて播きました)

 

さて、これを間引いて行きます。

15cm間隔くらいで1株ずつ残して行きます。

写真の竿の黄色テープが大体15cmくらいです。(職員さんにやり方を教わっている様子の写真)

 

みんなで作業して行きます。

 

私も作業をしていると・・・

てんとう虫見つけた!!バッタに引き続き、ほっこりしますねぇ。

ちなみにこいつは害虫のテントウムシダマシではありません。

 

私の作業箇所もこんな感じで間引きを行いました。

我ながら、よく出来ているぜ。(自画自賛)

畝の雑草とり

次に、畝の雑草取りです。

まだそんなに雑草は生えていないのですが、大きくなってから雑草処理をすると大変なので

今のうちに手を打っておきます。

 

使う道具は、写真の三角ぐわを使っていきます。

 

こちらは、にんじんの畝です。

雑草がどれか分かりますでしょうか?

にんじんは、2条(2列)で種を播いており、写真の赤線に挟まれている箇所が人参の葉です。

よく見ると葉っぱの形が雑草と異なりますね。

 

人参の葉を取ってしまわないよう、三角ぐわの側面を使用して畝の表面を削ってならしていき、雑草をとっていきます。

雑草はまだ小さいので、とりやすいです。

 

畝の側面も作業していき、写真のような形でどんどん畝の表面を削る&ならしていきます。

 

この作業もみんなで協力してやっていきます。

 

私もにんじんの畝で作業。

畝の側面側を削る際の注意点として、写真のように土を下から上に軽く持ち上げるイメージで削っていきます。

理由は、側面を削って土が下に落ちてしまうと畝間に水が溜まる原因になったり、畝が削られて畝自体が小さくなってしまうからです。

削った土を人参の横に置いていくようなイメージで作業していきます。(それでも多少、土はボロボロと下に落ちていきますが・・)

作業後の畝の様子は、この記事の最後の方に全体写真を載せますね。

欠株箇所への苗植え

続いて、欠株箇所への苗植えです。(「けっかぶ」と職員さんが話していたのですが、多分この漢字だと思われる・・)

苗は前回作業の苗植え時に、畝の端の方にまとめて植えた補欠の株を使用しています。
(つまり、補欠の株を一旦抜いて、欠株箇所へ再度植えてあげます)

この作業は、主にブロッコリー・カリフラワーの畝で行いました。

芽が出ていない箇所があるので、その箇所をスコップで掘ります。

 

掘った後は、こんな感じ。

 

掘った穴に水を入れます。

そして、写真は無いのですが、この後苗を植えて土をかぶせてあげ、土をぎゅっと抑えて手に水分を感じられればOK!
(補欠の株の乾いた土が、先に入れた水を吸い上げてくれます)

追肥

各野菜に2kgずつ、追肥していきます。

使った肥料はこちら。

 

写真のように畝の中心に肥料を播いていきます。

そして、三角ぐわで畝の表面の土と肥料を混ぜながらならし、その混ざった土を苗に寄せてあげます。
(写真、取り損ねていました・・)

 

これらの作業をみんなで手分けして実施していきます。

 

そして、作業をした結果がコチラ!!

最初は緑で目立っていた白カブも間引きをしてスッキリとしています。

また、写真では分かりづらいですが、畝にちょこちょこ生えていた雑草も減っています。

最後に

今回の作業はちょっとハードでしたが

てんとう虫やバッタを横目にほっこりしつつ、みなさんと協力して楽しく作業できました。
(作業時間自体も1時間半程度でした。)

次回作業は、10/19の予定です。

野菜たちの成長が楽しみですね。

 

それでは本日はここまで。

以上、とっとーとう(@totto_tou)でした。

 

週末農業の情報をもっと知りたい方は

↓↓コチラからどうぞ↓↓

週末農業の情報

 

貸し農園の情報はコチラ↓↓↓↓↓↓

●関東・関西圏
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
株式会社アグリメディアが提供する民間の貸し農園

●福岡県内
福岡市 市民農園
– 福岡市が提供する市民農園の情報
市民農園の空き区画情報
– 福岡県が提供する市民農園の空き区画情報 ※平成31年3月末現在
JAファーム福岡 体験農園
– JAファーム福岡が募集している体験農園。本ブログでご紹介している内容です。
JAファーム福岡 貸し農園
– JAファーム福岡が提供している貸し農園