こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。

 

本日、待ちに待ったJAファーム福岡様の体験農園説明会に参加してきました。

会場は、JAファーム福岡様の事務所2階。

説明会資料はこんな感じです。

年間作業スケジュールは、隔週作業予定。

募集区画は15区画ですが、今回参加していたのは6組。不参加の4組を合わせてもまだ5区画枠が余っております。引き続き、募集をかけていくとのことでしたので、説明会以降も枠があれば申し込みできるようです。

参加者は、50代〜60代の方が4組、20代〜30代が2組とやはり年配の方が多めでした。

説明会のポイントは

  • 体験農園の目的は、一般の方にも農業に興味を持ってもらうこと
  • 準備も大変でなく、事前準備は長靴程度。当日は、作業できる服装、長靴、飲み物(熱中症対策)くらい
  • 作業日は、天候や気候によってずれることあり
  • 作物ごとに区画分けするので、複数の作物生産を体験することができる

といったところでしょうか。

JAファーム福岡の担当者の方も、分かりやすく説明して下さり、また話しやすい雰囲気の方でした。

体験農園の費用、27,000円は説明会の日に支払います。

 

一通り説明を終えたら、実際に我々が作業をする農地を見に行きました。

“Welcome 体験農園”

広いですねー。話を聞くと510坪くらいあるとのこと。

土の耕作はこれからなので、ずんずん中に入っていきます。

すると、一番奥のエリアに「春ジャガイモ」が植えられている畝(うね)がありました。

作物によって植える最適な時期が異なり、春ジャガイモは既に担当者が植えて下さっていました。

 

ん?この機会は何だ?

これは、イノシシ除けの装置です。

柵に電気を流しています。電気の柵に触れて感電を経験したイノシシは、基本的に戻ってくることはないとのこと。農地周辺にはイノシシ、結構いるようです。作物を荒らされないようにしなきゃ。

 

ちょっと分かりづらいですが、すぐ側には海があります。

福岡市の海釣り公園側にあり、海が見えて天気の良い日は最高に気持ちの良い場所でした。

 

海釣り公園はコチラ。

 

さて、ようやく説明会が開催され実録ブログらしくなってきました。

農地を見ると、これから始まるんだな、という実感が湧いて来ますね。

とりあえず、私は長靴をもっていないので、次は長靴やら作業用の服やらを調達したいと思います。

 

それでは本日はここまで。

以上、とっとーとう(@totto_tou)でした。

 

週末農業の情報をもっと知りたい方は

↓↓コチラからどうぞ↓↓

週末農業の情報

 

貸し農園の情報はコチラ↓↓↓↓↓↓

●関東・関西圏
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
株式会社アグリメディアが提供する民間の貸し農園

●福岡県内
福岡市 市民農園
– 福岡市が提供する市民農園の情報
市民農園の空き区画情報
– 福岡県が提供する市民農園の空き区画情報 ※平成31年3月末現在
JAファーム福岡 体験農園
– JAファーム福岡が募集している体験農園。本ブログでご紹介している内容です。
JAファーム福岡 貸し農園
– JAファーム福岡が提供している貸し農園