【ITIL試験正答率97.5%】ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集は?申し込み方法や勉強法もご紹介

こんにちは。とっとーとう(@totto_tou)です。

 

2019/12/13にITIL V3の試験を受験して来ました。

その結果がこちら。

PEOPLECERT

とっとーとう
タイトル通り、正答率97.5%で合格することが出来ました。
  • 受験料が高額なので絶対に一発合格したい
  • サラリーマンしながらなので、効率よく勉強したい

本記事は、上記のような方のお役に立てるよう作成しました。

私自身ITIL受験にあたり、色々とググって合格のために有効な教材や勉強法を調べたのですが

まとまっている情報が少なかったため、自分で複数サイトはしごして情報をまとめたり、紹介されている教材を試したりしました。

 

そのようにして試行錯誤しながらITILの勉強を行い、昨日12/13に受験・合格を経験した結果、

「ITIL試験一発合格のために必要な参考書・問題集はこれだな」

というものが分かりましたので、本記事にてご紹介いたします。

 

また、そのような教材・問題集を用いたオススメ勉強も合わせてご紹介します。

ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集は?(結論)

ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集

結論を先に書くと、これからご紹介する教材は下記です。

【ご紹介する参考書・問題集】
1、教科書
(IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011)
2、最強試験問題集(EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117) 資格問題集 – ITIL 問題集)
3、試験問題集(Ping-t)

1と2は有償、3は無償です。

 

これから「ITILとはなんぞや?」というところからご紹介していきますので

すぐにでも教材の箇所を読みたい方は、目次から「ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集(無償含む)」へ飛んでいただければと思います。

ITILとは

ITIL試験v3とv4とは

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、ITサービスの運用管理のベストプラクティスを体系化したもので、英国政府商務局によって作成され、国際的なスタンダードとなっているものです。2007年に改定されてITIL V3となり、2011年にITIL2011年版としてアップデートされました。

ITILファンデーション シラバス2011より

 

ITILファンデーション試験を提供しているPeople Certにて

新しくITIL V4が出ているようです。

とっとーとう
私が試験申し込みをした2019年10月時点では、ITIL V3のみ受験可能でした。
(試験申し込み先はプロメトリックでした)

ITIL試験の受験料

ITIL試験の受験料
私が申し込んだ2019年10月時点にて
受験料:43,890円
消費税:   4,389円
合計:48,279円
たっっか!!
受験料、高すぎてビビりました。
会社負担でなければ、私は多分受験しなかったでしょう。
とっとーとう
会社負担で良かったかのように聞こえますが
受験料が高額すぎて落とせないプレッシャーがあります。

ITIL試験の申し込み方法

ITIL試験の申し込み方法

日本では、プロメトリックピアソンで受験申し込みが可能です。

私はプロメトリックのオンライン予約にて受験申し込みをしたので、簡単な申し込みステップと注意点をご紹介します。


ITIL試験申し込み方法(プロメトリック)

1、プロメトリックIDを取得する

プロメトリックのオンライン予約のページから、プロメトリックIDを取得します。

プロメトリックID取得したら「試験予約・確認・変更・キャンセル・Web領収書」から試験を申し込みます。

ITIL 試験 勉強 合格 問題 参考書 問題集

 

2、「試験を予約する」をクリック

ITIL 試験 勉強 合格 問題 参考書 問題集

 

3、PeopleCertをクリック

ITILを受験するので「I」の項目を探してしまいがちですが、試験提供しているPeopleCertをクリックしましょう。

ITIL 試験 勉強 合格 問題 参考書 問題集

4、必要事項入力

個人情報の確認や、会場・日時の選択、支払方法選択等あるので、必要事項を入力して試験を申し込みましょう。

・試験会場や開催日程については、試験会場検索のページから事前に確認できます。
・支払い方法については、支払い方法についてのページから事前に確認できます。


ITIL試験申し込み時、注意点(プロメトリック)

必要事項入力の際に「試験情報入力」という項目があり、プルダウンより試験を選択します。

2019年10月の申し込み時点にて、プルダウンにてITILは1つしか出てこないのですが

ITIL V3なのかITILV4なのか明記されていません。

ITIL 試験 勉強 合格 問題 参考書 問題集

 

プロメトリックに問合せたところ、回答できないので直接PeopleCertに聞いて欲しいとのこと。

とっとーとう
プロメトリックは試験仲介の役割、とはいえ「自分たちが何の試験を提供しているのか」
くらいは、回答して欲しかったなぁ

 

と、文句を言っても仕方ないので

プロメトリックのページで紹介されている「customerservice@peoplecert.org」に問合せました。
(プロメトリックの問合せの際に、日本語は通じないとのことだったので、英語で問合せ)

 

メール送信後、15分程度で返信が来まして

プルダウン表示の試験はV3で間違いないことが分かりました。

 

英語での問合せとなるので、私が書いたメールをサンプルとしてご紹介します。

下記メールにプルダウンで表示される試験内容のスクリーンショットを添付して、問合せしました。

件名:Confirm ITIL exam version on PROMETRIC

本文:

Hi customer service team in people cert,

I am ●●(自分の名前), in Japan.

Please let me ask you about ITIL exam version on PROMETRIC (http://www.prometric-jp.com).

I would like to take ITIL version 3 exam, but no version is displayed when I reserve the ITIL exam.

(See attached screenshot. When I choose the exam in pull down menu, it shows “PC0-002J/77min/ITIL Foundation” only.)

Is it ITIL version 3 exam? Or not?

If it is version 3, it will be fine.

Waiting for your answer.

Regards,

●●(自分の名前)

ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集(無償含む)

ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集

さて、ここからが本題です。

ITIL試験一発合格のために購入すべき参考書と問題集(有償教材2つと無償教材1つ)をご紹介します。


IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011(有償)

必須教材です。
いわゆる教科書的な役割で、基礎を構築します。
口コミ

Amazon カスタマー
内容はテストの言葉に準じた説明なのでテスト対応には非常に参考となった


Amazon カスタマー

知人から紹介をうけて購入しました。

解説が詳細なのはよかったですが、解説が長すぎてどこが重要なのかがわかりづらい部分もありました。
特にイベント管理など、ステップが多いプロセスはどこが重要なのか分かりづらいです。
あとは、もう少し具体的な事例を挙げた説明があるとありがたかったですね。

試験前に2回ほど通読し、なんとなく全体的な概要を押さえた後、ping-tの問題集で試験対策しました。
ちなみに巻末の問題は実際の試験と比較するとかなり難しいですが、本書だけで資格取得を目指す場合は、回答の理由を解説できるレベルまで読み込みましょう。
※試験独特の表現はクラムメディアの無料問題を見れば雰囲気がつかめるかと思います。

口コミにもある通り巻末に「模擬問題」が入っていますが、こちらは実施不要。
理由は、全然模擬ではないから、です。
問題解くのに時間がかかるような出題形式の上、
そのような出題形式は、本番試験ではあまり出ず模擬問題の役割を果たせていません。
私も巻末模擬問題は一通り解いてみましたが
ITILを受験して、解く時間がもったいなかったな、と思いました。
模擬問題以外の箇所を教科書として利用しちゃいましょう。
とっとーとう
単行本のお値段は記事執筆時点にてAmazonにて3,520円です。

クラムメディア :EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117)(有償)

クラムメディアが提供するオンラインの問題集。

最短で合格したい方向け必須問題集です。

 

こっちが本当の模擬問題集。

全く同じような内容の問題が普通に試験に出る最強試験問題集です。

とっとーとう
問題内容から選択肢まで同一の内容がたくさん出たのでビビりました

 

私が受験した際は

全40問中15問〜20問程度は出ました。

 

ITILは、正答率65%以上(26問以上)で合格なので

この問題集を勉強しておくだけで、一気に合格点に近付きます。

これは過去問を相当分析している教材ですね。

 

さらにスマホからアクセスも出来るため、お手軽に勉強できます。

私は通勤電車の15分を利用して、ちょこちょこ勉強していました。

とっとーとう
お値段は30日間パッケージで3,000円。224問入っています。
期間内は問題のPDFファイルを入手することができるので、期間は一番短い30日間で十分でしょう。

 

↓↓ご購入はコチラからどうぞ↓↓

EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117)

Ping-t(無償)

Ping-tは無料で利用できるオンライン学習サイトです。

ITILだけでなく様々な試験のWEB問題集が揃っています。

 

ユーザー登録すると利用できるようになりますので

今すぐにでもユーザー登録しちゃいましょう。

 

こちらのITIL向けのWEB問題集も優秀です。

クラムメディアのように問題内容や選択肢が完全一致まではしませんが

類似の問題が出ますので、勉強しておくべき内容です。

こちらも合格のためには勉強すべき必須問題集でしょう。

とっとーとう
モバイル版の「Ping-tモバイル」もあって、私は通勤時にこちらのWEB問題集を解いていました

ITIL試験合格のためのオススメ勉強法

ITILオススメ問題集と参考書(クラムメディア)

ご紹介した参考書・問題集を用いた、ITIL試験合格のためのオススメ勉強法をご紹介します。

【ご紹介した参考書・問題集】
教科書
(IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011)
最強試験問題集(EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117) 資格問題集 – ITIL 問題集)
試験問題集(Ping-t)

 

私のオススメ勉強法は下記の通り。

1、教科書をざっくり流し読み(時間かけない)
2、最強試験問題集にて問題出題形式確認(こんな出題形式なんだ〜、程度)
3、教科書をじっくり1周読む
4、教科書1周したら最強試験問題集試験問題集を解きまくる
5、問題解きまくってキーワードが分かってきたら
自分でノートに各サービスライフサイクルの関係を図にしてみる&各サービスライフサイクルのキーワード書き出す(時間かけない)
6、試験当日まで最強試験問題集試験問題集を解きまくる

 

特に5番の「自分で図にする」「キーワード書き出す」重要です。

書くことによって理解深まりますし、試験前の重要ポイント見直しノートにもなります。

とっとーとう
ただ、私はノートまとめに時間をかけることは好きではないので、このフェーズに私が使用した時間は2〜3時間程度です。

 

「自分で図にする」は、グーグルの画像検索で「ITIL サービスライフサイクル」と検索すると

各ライフサイクルの関係性がまとめられた画像が出てくるので、自分のしっくりくるものを選択してノートに書いちゃいましょう。

書き殴っているので字がメッチャ汚いですが、私が実際に書いた図の一部です。

ITIL試験合格のためのオススメ勉強法

 

「キーワードを書き出す」は教科書で出てくるキーワードを各サービスライフサイクル毎に書き出すだけです。

最強試験問題集試験問題集を解きまくると何が重要でどこがキーワードなのか分かってきます。

私が実際に書き出しているキーワードです。

ITIL試験合格のためのオススメ勉強法

とっとーとう
ご紹介したオススメ勉強法は、あくまで私にとって最適と考えている勉強法です。
自分にもっと適した勉強法ある場合は、迷わず自分に合った方法で勉強されてください。

ITIL試験合格のための勉強期間

ITIL試験合格のための勉強期間

サラリーマンしながらで確実に合格したいなら3ヶ月見ておくと安心でしょう。

ググると1ヶ月以内に合格した方もいるようですが、一発で確実に合格するために3ヶ月は勉強期間があると良いと思います。

 

私の勉強期間ですが、ちょっと特殊です。

勉強したのですが、結局試験の予算がその期におりなかったため、2.5ヶ月目に勉強を中断。
(試験に向けてほぼ仕上がりかけている状態だったので、とてもモヤモヤしました)

それから約5ヶ月空いた後に予算がおりて、1.5ヶ月勉強して受験しました。

ですのでトータルで4ヶ月勉強しています。
(間が空くと色々忘れて勉強し直しの時間が発生しました)

 

予算がおりていれば、3ヶ月で合格出来たでしょう。

ITIL試験合格に向けて

ITIL試験合格に向けて、オススメ勉強法をご紹介

ITIL試験一発合格に向けて、参考書や問題集、勉強法等をメインにご紹介しました。

 

ITILは受験料が高額なため、一発合格目指して効率良く勉強していきましょう。

是非、本記事でご紹介した参考書・問題集を活用してITIL試験に合格してください。

 

それでは本日はここまで。

以上、とっとーとう(@totto_tou)でした。

 

 

必須教材である

「IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011(有償)」の購入は

↓↓コチラからどうぞ↓↓

 

最短で合格したい方向け必須問題集である

クラムメディア が提供するオンライン教材は

↓↓コチラからどうぞ↓↓

EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117)

EX0-001 ITIL Foundation (syllabus 2011) (旧試験番号:EX0-117)

最新情報をチェックしよう!